交換戯曲
尾崎太祐×高瀬和彦×にへいたかひろ×初瀬川幸次郎

  • 登場人物は『3人以内』
  • 1ツイート内で台詞とト書きを執筆し相手に渡す
  • 1ツイートの制限時間は『5分程度』
  • 相手への返信の形で続きを執筆する
  • 末尾に『#交換戯曲』と入れる
  • 合計『20ツイート』で終了
  • 作:尾崎太祐(ロボット劇作家)、高瀬和彦(ババロワーズ)、にへいたかひろ(よこしまブロッコリー)、初瀬川幸次郎
  • 執筆日:2021年6月19日
  • タイトル:あなたはだんだん眠くなる(サカイリユリカ様より提供)
  • 場所:防波堤(加納遥陽様より提供)
  • 時間:真夜中(白井宏美様より提供)
にへいたかひろ

遠くにタンカーの小さな光。
防波堤にあたる静かな波の音。

「私」はふらふらとよくここに来ては、ふらふらとここで過ごす。
たまに暗闇に浮かび上がる釣り人にびっくりする。
で、動揺がバレないように、また気の向くまま、ふらふらと歩いている。
そして今夜もここにいる。

尾崎太祐

いつもなら、今日は様子が違う。
波は少し騒がしく、月の光は妖しく光っていた。
波打ち際に、誰かが立っている。たまに見かける釣り人じゃない。
少女だ。月の光に照らされる表情が幻想的だが、どこか暗かった。

私「あの……大丈夫ですか?」
少女「……あなたはだんだん眠くなる」

高瀬和彦

私「……は?」
少女「だんだん眠くなる……眠くなる……」
私「ああ、眠い……そうですよね、時間も時間ですしね……すみません突然話しかけて」

少女は、うつむいて頭を掻きむしり始めた。

少女「……おかしいな」
私「何が?」
少女「……あなたが」
私「僕が?」

初瀬川幸次郎

少女「普通はね、これやるとすぐ寝ちゃうんですよ」
私「へえ。寝かしてどうするんですかね」
少女「財布盗んだりかなあ」
私「可愛い顔して凄い事を。わたしはここによく来るんですけど、たまに変な人来るんですよね」
少女「そうなんだ。それでどうするんですか」
私「殺すんです……」

にへいたかひろ

少女「へー」
私「……恐くないの?」

少女「それが、望みだったりして」
私「え……」
少女「だんだん眠くなる、眠くなる。はは、効かないか」
私「こんな時間にここにいちゃだめだよ」
少女「はい、帰ります」

少女、どこかに歩き始める。

私「ねえ、本当に効くの、その呪文」

尾崎太祐

少女、立ち止まり振り返る。

少女「いつもならちゃんと効くんですけどね。今夜は光が足りないかもなあ」
私「月の光?」
少女「月の満ち欠けの関係か、潮の満ち引きのせいなのか。それとも……あなたが特別なのかも」
私「まさか」
少女「ねえ。もうひとつ、試してみてもいいですか?」

高瀬和彦

私「いいけど…………よく知らないこんな僕とまだ喋っててもいいの?」
少女「私の目をようく見て」
私「え?」
少女「ようく見て。絶対目を逸らさないで」
私「見てるよ、しかし物好きだよね君は……」

少女、言葉を遮るように突然自分の唇で男の唇をふさぐ。

初瀬川幸次郎

私「何するんだ!」

私、少女を往復ビンタする。

少女「何すんの。少女の接吻なのに!」
私「僕のファーストキスを……」
少女「ええマジで」
私「僕のファーストキスはあの人に捧げると決めてたのに」
少女「だ、誰ですかそれ」

にへいたかひろ

私「ずっと、ずっと、ずっと、そのこと思って、やりきれなくて、やりきれなくて、あー、もう、あー! あー! ずっと、ずっと、ずっと……」

少女、大きく深呼吸。

私「(嗚咽している)」
少女「深呼吸して、」
私「……」
少女「早く、効果が切れる。台無しにしないで!」

尾崎太祐

私、深呼吸。

私「その瞬間。頭の中に、波が押し寄せてきた」

私、咄嗟に目を閉じる。

少女「どう?何が聞こえる?どんな匂い?」
私「潮の香りと魚の大群。眩しすぎるよ。夜のはずなのに」
少女「波が去ったら、目を開いて」

しばらくして私、目を開ける。

私「……テトラ、ポッド?」

高瀬和彦

少女「うん、それで?」
私「打ち上げられてる。テトラポッドに。苦しい。海水もいっぱい飲んでるみたい。体も冷え切って動かない」
少女「その調子。もっと思い出して」
私「海で溺れて流れ着いたんだ。どうして俺、海に来てたんだろう……彼女だ。彼女と海水浴に……」

初瀬川幸次郎

浜辺に一人立っている彼女。

彼女「彼はあの日、海に消えたんです。初めて一緒に行った海。なんなんでしょうね。初めての彼が海に消えた気持ち分かりますか。彼がテトラポッドで発見された時、横に少女がいました。なんか綺麗な子でしたね。彼女の横顔が印象的でした」

にへいたかひろ

彼女、どこかに向かって話を始める。

彼女「噂を聞いたの。男が真夜中によく歩いてるって。ここに来たら……、いるんでしょ?」

少女が現れる。

彼女「やっぱり」
少女「……」
彼女「あの時、なぜあなたが?」
少女「どうして私が分かるの?」
彼女「さあ……、あなたはいる」

尾崎太祐

少女「知らない」
彼女「それよりも私の質問に答えてよ。あなたはなんなの」
私「俺は……」
少女「……」
彼女「彼をどこに連れて行ったのよ、早く……」
少女「……知らない」
彼女「とぼけないでよ。あの日あなたが、彼と!」
私「おい、なんの話だよ。それに君たちは」

高瀬和彦

彼女「とにかく彼の居場所を教えて」
少女「ここに居るじゃない」
彼女「どこに?」
少女「ここよ!ほらあなたからもなんか言いなさいよ」
私「二人とも大きな声を出すなって」
少女「だって彼女が急に詰めてくるから」
彼女「……あんたさっきから誰と喋ってるの?」
少女「……え?」

初瀬川幸次郎

彼女「そのテトラポッドの裏に誰かいるの?」
少女「裏?」
彼女「誰に話し掛けてるのよ」
少女「誰って、そこに腰掛けてるでしょ」
彼女「誰が?」
私「だから揉めるなって」

私、彼女に触れようとするも感触が無い。

私「あれ」

にへいたかひろ

少女、また私にキスをする。

少女「もう一回、」
私「え、」
彼女「いるの?彼がそこに」
私「いる、僕はいる」
少女「触って、彼女を触って」

私、彼女の頬を触る。

彼女「え、温かい」
少女「彼女が眠くなるまで、それがタイムリミット」

尾崎太祐

少女「探していたんでしょう」
私「いるよ、僕はいる」
彼女「あなたがいる、あなたが……」
私「そうか、きみは……僕はあの日君に言うはずだったことを」
彼女「夢、じゃ、ないんだよね……?」

彼女の声が、少女の声が遠のいていく。
静寂。次の瞬間、轟音とともに波が押し寄せてくる。

高瀬和彦

私「やっと思い出した。君に言いたかったこと」
彼女「そこに居るのね」
少女「素直に、素直に受け止めて」
私「僕と……真剣に付き合ってもらえませんか?」

再び激しい波の音。
彼女、呆然と固まったようになり、やがて涙を一筋流す。
その瞬間、男の姿が忽然と消える。

初瀬川幸次郎

遠くにタンカーの小さな光。
防波堤にあたる静かな波の音。

「彼女」はふらふらとよくここに来ては、ふらふらとここで過ごす。
たまに暗闇に浮かび上がる釣り人にびっくりする。
で、動揺がバレないように、また気の向くまま、ふらふらと歩いている。
そして今夜もここにいる。